腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛


まずは、論より証拠

「40代 男性 S様 」

「椎間板ヘルニア 手術回避」

動画解説
Q、最初どのような症状、辛さがありましたか?

最初はぎっくり腰と思って仕事をしていたが、10歩、歩くごとにしゃがまなければ歩けなかった。左足にもシビレが出ていた。

その様な状況の中、整形外科を受診し腰椎椎間板ヘルニアと診断され、早く治すには手術しかないとのことであった。手術すると2か月はぼうにふるとのことで、藁にもすがる思いで当院に来院。・・・・

1回目の施術で夜の寝るときの痛みがなくなった。

3回~4回目でかなり楽になってきた。

8回目で辛い症状はなくなった!


「30代 男性 澤山 様」

病院では改善しなかった腰のヘルニア改善! 

腰のヘルニアと診断され病院のリハビリでは良くならなかった為、後輩のすすめで「ないとう健身整体」に来ました。

腰の痛みがなくなり、また骨盤の状態も良くなったことで姿勢も良くなっていきました。2か月通った今では痛みやハリがほとんどなく本当に来てよかったと思います。


脊柱管狭窄症は

神経が通っている背骨(脊柱管)の内径がせまくなり神経を圧迫して痛みやシビレがでる疾患です。10メートル歩くごとに足がシビレ痛み、しゃがまなければ歩いていられない特徴的な症状がよくあらわれます。これを間欠性跛行といいます。

病院の治療としては、この神経の圧迫を取り除く手術があります。

しかし、原因と思われる神経の圧迫を取り除く手術をしてもシビレや痛みが残ることがあります。

これはなぜでしょう?

一方、手術をしなくても、整体をすることで脊柱管狭窄症の痛みやシビレが回復へと向かうことがあります。

これもまたなぜでしょうか?

実は、脊柱管狭窄症でも神経の圧迫が原因ではなく

体の歪みや筋肉の緊張が原因であると考えられるケースが多々あります。

このケースの場合、当院のNK式 新・カラダの矯正法が有効であると考えられます。

 


「手足の痛みシビレ改善」

「30代 男性 M.O様」

頸椎、腰椎ヘルニアで、痛みとシビレが手足にありました。

薬と保存療法をずっと行うような感じで、何度も再発を繰り返していましたが、

整体を受け始めて以降、再発頻度がかなり少なくなりました。


「腰・足のシビレ痛み 改善」

「40代 女性 H.Y様」

腰から足にかけて痛みがひどく1週間しても治らなかったので来させてもらいました。

1回の施術で翌日には痛みが和らぎ、日常生活に支障がなくなり嬉しく思っています。


「腰の痛み、腰椎ヘルニア」

「44歳 男性」

整体は初めてだったが、回数をかさねるうちに身体が本来の位置にもどる様な感覚で、徐々に痛みはなかなっていった。


【ぎっくり腰 改善】

「30代 男性 若林様 ↓」


我慢していませんか? 

今すぐ改善しましょう!


ギックリ腰改善 60代 女性


肩こり、腰痛

定期的にメンテナンスに来て頂いています。


腰痛、肩こり

定期的にメンテナンスに来て頂いています。




PAGE TOP